フェリシモ ヨガブラ 付け方
フェリシモのヨガブラの正しい付け方についてご紹介していきます。

どんなに美しい女性でも姿勢が悪いとそれだけでガッカリしてしまいますよね。

男性だけではなく、同性から見ても姿勢の悪い女性は美しくないですし、ファッションも格好良く着こなすことができません。

しかし、姿勢が悪いのは分かっていても、つい無意識に猫背になってしまいますよね。

フェリシモのヨガブラを着用すれば、自然と正しい姿勢をキープすることができ、いつでもどこでも姿勢美人になれます。

ですが、フェリシモのヨガブラを着用しても、間違った付け方を続けていれば効果を実感することはできません。

どのような付け方をすれば、誰もが憧れる姿勢美人になることができるのでしょうか?

フェリシモのヨガブラの正しい付け方

1、 上から被ように着る

2、両腕を通す

1、 背中や二の腕、脇などに流れている脂肪をヨガラブの中に寄せる

2、 はみ出ている余計な脂肪はないか確認する

フェリシモのヨガブラの正しい付け方はたったこれだけです。

リニューアルする前のヨガブラだと、上から被る時になかなかうまく被れなくて時間がかかるといった口コミもありましたが、今では上からでも無理なく着用することができます。

なぜフェリシモのヨガブラで姿勢美人になれるの?

正しい付け方を毎日続けていれば、必ず姿勢美人になることができます。

しかし、そもそもなぜフェリシモのヨガブラを着用するだけで美しい姿勢になれることができるのでしょうか?

フェリシモのヨガブラには広がってしまった肩甲骨を引き寄せる幅広タスキ構造により、「∞」の時になっていることから、肩甲骨を引き寄せ、胸をぐっと張らせることができるのです。

こうすることにより、猫背になるのを防ぎ、無理なく正しい姿勢を維持することができます。

また、背中全体を伸びやかパワーネットで支えるので、嫌な締め付け感もありません。

パワーネットにより、横に流れてしまった脂肪を引き寄せ、バストアップ効果も期待できるでしょう。

さらにノンワイヤーになっているので、下着特有のアンダーの締め付けを感じることもないのでもいいですね。

ワイヤー入りのブラを長時間着用していると、肩こりの原因にもなるので、ノンワイヤーなのにしっかりと胸や背中をホールドしてくれるフェリシモのヨガブラなら、長時間着用していても大丈夫です!

カップの裏は綿100%で肌にも安心!

正しい付け方で毎日フェリシモのヨガブラを着用することで、効果を実感することができますが、あまり長い時間着用していると肌荒れを起こす場合があるのでは?と心配な方もいますよね。

正しい姿勢になれるからこそ、素材と肌が密着しやすくなり、素材によっては肌が弱いと刺激になってしまう恐れもあります。

しかし、フェリシモのヨガブラのカップ裏は長時間着用することや肌が弱い人でも安心して着用できるように綿100%で作られています。

カップ裏がナイロンやポリエステル素材だと、長時間着用すると肌荒れを起こす人もいますし、触り心地もあまり良くないですよね。

実際にフェリシモのヨガブラを触ってみると優しい肌触りですし、リニューアルしたことでよりフィット感がアップし、無理なく毎日使い続けることができます。

フェリシモのヨガブラの正しい付け方を行い、毎日着用していれば必ず理想の姿勢美人へと変わることができるでしょう。

ただし、正しい付け方をしていても、たまにしか着用していないのであれば、いつまでたっても美しい姿勢にはなれません。

まずは正しい姿勢を習慣化させることが大事なので、正しい付け方を意識し、毎日使い続けるようにしてくださいね。

正しい姿勢になれるだけでなく、肩こりや首こり改善にも効果的なので、早速始めてみましょう!